オンライン英会話で本当に英語がペラペラになることができるのか?

英会話ソムリエです。

英語の勉強手段としてオンライン英会話サービスが人気です。オンライン英会話を使えば本当に英語がペラペラになるのか。自分の体験をベースに解説をしたいと思います。

オンライン英会話とは
オンライン英会話とは、スマホやパソコンのアプリを使っていつでもどこでもマンツーマンの英会話レッスンが受講できるサービスになります。DMM英会話が非常に有名です。

オンライン英会話は英語上達の手段の一つ

結論から言えば、オンライン英会話は英語を話す機会を作るには最高の手段です。日常生活の中で誰かと英語を話す機会は限られています。むしろ、英語を話す機会がゼロという人が大半です。

英語を話したいけど、話す機会がない。そんな方でも、オンライン英会話サービスを利用すれば、ちょっとした隙間時間をつかって英語を話す機会を作ることができます。英語が話せるようになる最強の方法でも詳しく解説をしていますが、英語がペラペラになるためには覚えた英語を実際に話す(アウトプット)作業が非常に大切になります。オンライン英会話で英語を話す機会を増やすことは、英語がペラペラになるための正しい道のりなのです。

英会話教材を使った勉強では、誰かと英語を話す機会はありません。教材のCDに合わせて英語を発音するか、自分ひとりでテキストを声に出して読むか、英語を話す相手は自分ひとりになることがほとんどです。それはそれで正しい勉強方法なのですが、自分ひとりで英語を話しているよりも、実際に誰かと話す方がより高い効果を得ることができます。そこでオンライン英会話が一つの選択肢として登場します。

オンライン英会話では実際に外国人を相手に英語を話します。自分が話した英語がちゃんと伝えることができれば、それは大きな自信になり、英語学習を継続させる大きなモチベーションにもなります。

完ぺきではないオンライン英会話

とはいえ、オンライン英会話を使って勉強をしていれば英語が自然とペラペラになるわけではありません。オンライン英会話にも弱点があります。

これまで管理人がいくつものオンライン英会話のレッスンを受講して気づいた点ですが、会話の中で英語の間違いを指摘してくれないことが多々ありました。これは少し不満を感じた点でした。

英会話にはその人のクセが出てしまいます。間違ったクセの場合、早めに矯正しておかないといけません。管理人の場合、自分では気づかない間違った英語のクセを矯正するためにオンライン英会話で外国人と話すわけのですが、間違いを指摘してもらえなければただのおしゃべりです。せっかくレッスンを受けるのであれば、実りある時間にしたいと思うのは当然です。

ただ、会話は生き物です。その時の雰囲気や流れで間違いを指摘してくれないことも理解できます。話が盛り上がっている時に腰を折るといけないと先生側が気を使っている部分もあるでしょうし、「このくらいのミスは許容範囲かな?」と判断していたとしたら、それはそれで受け入れることができます。

お互い補完しあうように組み合わせよう

結論を言えば、オンライン英会話サービス単体で英語がペラペラになるのは少し厳しいかなという印象です。

オンライン英会話サービスにはメリットがあればデメリットもあります。それを十分理解し、デメリットは他のサービスで補うように考えることが現実的です。

管理人がオススメする勉強方法としては、

  • 英会話教材を使って英語を学ぶ(インプット)
  • オンライン英会話を使って英語を実際に話す(アウトプット)

という形にすると、英語がペラペラになる道のりを駆け足で進むことができると思います。

英語を勉強する方法は英会話教材だけ、もしくはオンライン英会話だけ、そんな縛りは必要ありません。両者をうまく組み合わせて勉強をするという考え方が一番成功に近いと管理人は思います。

>>最強のオンライン英会話を選ぶならDMM英会話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です