ロールプレイができるオススメの英会話教材とは?

英会話ソムリエです。

英会話の上達にはロールプレイ方式のトレーニングを採用している英会話教材がオススメです。ロールプレイ方式を簡単に説明すると、登場人物になりきって英会話のフレーズを勉強する方法になります。

例えば、カフェの店員さんとお客さんとの会話の場合、

店員

Hi, may I help you?
Hi, can I get a cup of coffee?

お客

このように店員さんとお客さんになりきって英語を話す練習をする。これがロールプレイ方式の勉強方法となります。

ロールプレイ方式を採用している英会話教材一覧

ロールプレイ方式の学習方法は短期間で英会話のレベルアップを実現するには最適な勉強方法です。カフェ、空港、ホテル、病院など、あたえられたシチュエーションごとに登場人物になりきりることにり、現実の世界で同じシチュエーションになったときの予行練習ができるからです。

事前に会話の内容を予行練習しておけば「一体何を聞かれるんだろう?」とオドオドする心配はなくなります。相手が話す英語に対して自信をもって対応をすることができ、相手から聞かれることに対してもしっかりと受け答えをすることができます。

ロールプレイ方式の学習方法を採用している英会話教材は以下の通りです。

項目 プライムイングリッシュ ネイティブイングリッシュ Hapa英会話 スピークナチュラル
ロールプレイ

その中でもオススメの英会話教材がHapa英会話です。

Hapa英会話公式ホームページはコチラ

ロールプレイ方式の英会話教材ならHapa英会話がオススメ

Hapa英会話のいいところはリアルすぎるくらいのロールプレイです。本場LAで日常使われている英語のフレーズをそのまま丸ごと学ぶことができますので、英語の生々しさは半端ありません。

英会話初心者にとって、どんな英語が飛び出してくるかわからないリアルの世界の英会話は大きなハードルです。しかし、Hapa英会話を使ってロールプレイをしておけば、ネイティブから会話しかけられても堂々と対応できるようになるでしょう。

Hapa英会話では6種類のロールプレイのシチュエーションが用意されています。

  1. カフェ
  2. ファーストフード
  3. レストラン
  4. ホテル
  5. ショッピング
  6. 道案内

どれもこれも海外では必須の場面となっています。これから海外に行く予定がある人にとってHapa英会話は非常に心強い味方になってくれるはずです。ぜひ一度公式ホームページをチェックしてみましょう。

Hapa英会話公式ホームページはコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です