誰でも英語がペラペラになる最強の勉強方法の解説

英会話ソムリエです。

誰でも英語がペラペラになる最強の勉強方法を知りたいと思いませんか?そんな方のために、今回は特別にその方法をお伝えします。

誰でも英語がペラペラになる最強の勉強方法

結論から言うと、英語がペラペラになるために必要なことはたった二つです。

  1. 英語を覚える(インプット)
  2. 覚えた英語を実際に声に出す(アウトプット)

これを繰り返し行うことで英語がペラペラになります。

「なんだそんなことか」「簡単じゃないか」と思う方もいるかもしれませんが、まさにその通りです。英語がペラペラになるためにやることはとても簡単で、難しいことは何一つありません。

英語が話せるようになった人は、何か魔法のようなノウハウや裏技を使って英語がペラペラになった、そんな風に思ってしまうこともありますが、英語がペラペラになる魔法のようなノウハウや裏技なんてものは存在しません。そんなノウハウや裏技が存在していれば、今頃日本中には英語がペラペラになった人であふれているはずです。

本質的な話になってしまいますが、大切なことは英会話の勉強を継続させることです。これが英語がペラペラになるために必要な大前提となります。特別なノウハウや裏技探しに明け暮れていては前に進むことはできません。

英語を覚える(インプット)方法の解説

英語を覚えるために必要なことは、文脈でイメージを掴むことです。あいさつならあいさつ、道の尋ね方なら道の尋ね方など、それぞれのカテゴリーの中で文脈を通じて英語を覚えていきましょう。

例えば、「Fine」という英語を覚えるのであれば、

A:「Hi how are you?」

B:「I am fine. Thanks!」

という会話を先に覚え、その文脈を通じて「Fine」の意味を覚えていきましょう、ということです。

英会話初心者の方ほど、学校の受験勉強のように単語一つ一つを機械的に暗記しようとします。ノートやメモ帳に同じ単語を10個も20個も書いて覚えていきます。この勉強方法は意味がないわけではありません。ですが、前後の文章や使われている文脈を理解できないので、実際の英会話になると、どこでその英語を使えばいいのかわからないというデメリットがあります。

英語がペラペラになるためには正しい勉強方法を実践することが大切です。根性論に任せた自己流の勉強方法では大切な時間を浪費してしまうリスクがあるので注意しておきましょう。

覚えた英語を実際に声に出す(アウトプット)方法の解説

英語を覚えたあとは、実際に使うようにしましょう。実際に使うといっても英語の勉強は家で一人でやることが大半ですので、自分で声に出して読んでみるという方法がオススメです。

先ほど例に挙げた

A:「Hi how are you?」

B:「I am fine. Thanks!」

という会話をそのまま自分で声に出して読んでみましょう。実際に声に出してみることにより、「書いて覚える」よりも記憶の定着率をアップさせることができます。

英語を声に出すときのコツは、外国人になりきるということ。恥ずかしがらず、英語がペラペラな自分になりきって声に出すことが大切です。

英会話の上達が早い人はモノマネが上手です。本場ネイティブになりきって、ネイティブのモノマネをしながら声に出しましょう。短期間で英会話を上達させることが可能になります。

>>本場ネイティブの発音が学べる最強の英会話教材はコチラ

管理人の体験談

いまでこそ英語がペラペラになった管理人ですが、もともと英語が得意だったわけではありません。むしろ、英語は苦手なほうで、海外留学前に受けたTOEICの模擬試験は200点台というとんでもない点数でした。

そんな状態から英語が話せるようになったのは、今回ご紹介させていただいた

  1. 英語を覚える(インプット)
  2. 覚えた英語を実際に声に出す(アウトプット)

この方法を愚直なまでに実行したからだと思います。

もちろん、途中で英語の勉強が嫌になったこともありました。英語の勉強をするために海外に出たにも関わらず、一日何も勉強することなくボーっと過ごしてしまうこともありました。コツコツ勉強を続けることは想像以上に難しく、時として苦痛でもあります。

ですが、それでもコツコツ地道に勉強したからこそ英語がペラペラになったと思います。

コツコツ勉強と聞くと拒否反応を示す人がいます。「そんな方法は泥臭くて嫌だ。」「もっと何か効率がいい方法はないのか?」スマホからグーグル検索で色んな情報が手のひらの上で一瞬で手に入るようになった今の時代、そんな風に思うのも無理ありません。

ですが、本気で英語がペラペラになりたければコツコツ勉強をする方法以外に道はありません。単語の意味を一つも覚えないで英語がペラペラになることはなく、文法の意味を理解しないで英語がペラペラになることもないのです。

英語がペラペラになりたければ、一つでも英語を覚え、それを使えるようになりましょう。遠回りのようにみえて、この方法が一番の近道なのです。

まとめ

英語がペラペラになるための最強の勉強方法について紹介させていただきました。英語がペラペラになる方法はとてもシンプルです。何も難しいことはありません。

もっと楽をしたい、もっと効率の良い方法を見つけたい、そんな風に思うこともあるかもしれませんが、英語がペラペラになる魔法のようなノウハウや裏技なんてものは存在しません。自分がコツコツと勉強する覚悟を決め、正しい方法で英語を勉強することが何よりも大切なこととなります。

なお、管理人の管理人のこれまでの体験をベースに考えたとき、英語がペラペラになるために一番オススメできる英会話教材はプライムイングリッシュになります。英会話初心者でもコツコツ勉強を継続できるデザインになっている点が非常に素晴らしいです。また、本場ネイティブの発音である「音声変化」を簡単に理解することができるので、ネイティブ二も通用するリスニング、スピーキング力を身につけることができる点も大きなメリットです。

これから英語がペラペラになりたいのであれば、プライムイングリッシュのような完成度の高い英会話教材を活用させることが英語ペラペラへの近道となるはずです。ぜひ一度、公式ホームページをチェックしてみて下さい。

プライムイングリッシュ公式ホームページはコチラ