TOEICのスコアと英会話の上手さは実はあまり関係ない?外資系企業の実情はこれです

英会話ソムリエです。

英語がペラペラになりたい。だから、TOEICのスコアアップを狙いたい。そんな人はいませんか?TOEICのスコアは就職・転職活動において候補者の英語力を測る重要なスコアになります。ですが、英会話の上手さとも関係があるのか気になる方も多いでしょう。

今回はTOEICのスコアと英会話の上手さの関係性について記事にしてみましたのでぜひお付き合い下さい。

外資系企業の中の英語事情

リアルなビジネスの世界の英語事情についてお伝えします。管理人が体験してきた外資系企業の社内では英語がペラペラの同僚たちが働いていました。社内のミーティング、クライアントとの打ち合わせ、業務連絡のメール、すべてが英語で行われる完全な英語環境の中で顔色一つ変えずに仕事をこなしていくレベルです。

同僚一人一人に尋ねたわけではありませんが、同僚たちのTOEICのスコアは800点台後半以上はあったでしょう(管理人の肌感覚です)。

一方、同僚の中には英会話が苦手な人も一定数存在していました。例えば、TOEICのスコアが900点以上の男性の同僚の場合だと、外国人との英会話になると全く英語が話せませんでした。彼は海外の大学を卒業しているため、英語の文法や単語のボキャブラリーの多さは言うまでもなく、さすがTOEIC900点以上のレベルだと感心したことがあります。ですが、実際の会話になると上手く話せないのです。

正直、これには驚いた記憶があります。ですが、英会話が苦手な同僚は彼だけではなく、その他にも大勢存在していたのです。

彼らの英会話のレベルは、都内の大手外資系企業で働いている人材にもかかわらず、英語の発音は日本語のカタカナでやっとこさ外国人と会話ができるレベルです。外資系企業で働く人は全員が英語がペラペラと思っていた管理人のイメージがガラガラと音を立てて崩れ去った瞬間でもありました。

海外留学時代の体験談

もう一つの管理人の体験談をご紹介します。

海外留学時代、ひょんなことから知り合った日本人のワーキングホリデーの方がいたのですが、彼の英語はネイティブレベルといってもいいくらいの綺麗な発音でした。しかも、外国人相手にスラスラと話すものですから、おもわず「すごい!!」と思ったものでした。

彼に海外の滞在期間を尋ねてみるとさらに驚きました。わずか三か月だとのことです。英会話の上達のコツを聞くと、たまたま現地のネイティブの友人を作ることができ、友人といつも一緒にいるから自然と英語が上達したということです。

そんな彼にTOEICのスコアを聞いてみたところ、TOEICを受験したことがないという回答にさらに驚きました。

TOEICのスコアと英会話の上手さは関係がない

ここまで管理人の体験談をご紹介させていただきましたが、管理人からあなたへお伝えしたいことは「TOEICのスコアと英会話の上手さは関係がない」というとてもシンプルな結論です。

日本人はTOEICのスコアを神格化しすぎている傾向があり、TOEICのスコアが高い=英語がペラペラという認識を自動的に持ってしまいがちですが、実際のビジネスの世界や海外留学の世界ではそうではありません。スコアが高くても英会話が苦手な人もいますし、スコアが低くても英会話が上手い人もいます。

結局は、より多くの英語を話す練習を積み重ねた人こそが英語がペラペラになるものだと管理人は自分自身の体験から学びました。もし、これからあなたが英語がペラペラになりたければ、TOEICのスコアにばかり着目してはいけません。英語を話す練習に力を入れていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です