今の時代、もはや英会話を学ぶ意味はない。そう思う人は読んで欲しい

英会話ソムリエです。

今の時代、もはや英会話を学ぶ意味はないと思う人もいます。スマホの翻訳アプリが充実してきており、機能や正確性も年々向上してきます。

例えば、マイクロソフト社が開発したMicrosoft Translatorを使えば様々な国から来た人たちとリアルタイムで簡単に会話を楽しむことができます。

また、ili(イリー)を使えば海外旅行のハードルも圧倒的に低くなります。

これらの動画を見ていると、ほんの数年前までは実現できなかった未来の世界が着々と現実のものになっているのを感じます。テクノロジーの発達は人間から言葉の壁を取っ払ってしまうのも時間の問題でしょう。

英会話を学ぶ必要がなくなる時代になります

管理人は、これから先の時代は英会話を学ぶ必要がなくなる時代になると思っています。これから英会話を学んだとしても、その努力を「Microsoft Translator」や「ili」のようなテクノロジーがいとも簡単に追い越していくことが目に見えているわけです。「今の時代、もはや英会話を学ぶ意味はない」という意見の方には賛同します。

とはいえ、英語が話せるようになることの意味を全否定するわけではありません。

少なくとも、管理人は自分が英語を話せるようになったことには大きな意味があるとも思っています。もし、もう一度自分の人生を最初からやり直したとしても、また一から英語を話せるようになるための努力をします。

そう断定できる理由は、英会話を学ぶ過程を通じて努力ができる自分になることができたからです。

管理人が英語が話せるようになった結果…

英語が話せるようなることは簡単ではありません。「自分なら大丈夫!」と思っていた人でさえも途中で投げ出してしまうほどの厳しさであることはあなたもすでにお分かりだと思います。

管理人の場合、遊びたい、欲しいものを買いたい、休みたいという気持ちを抑え、空いている時間は全て英会話の勉強時間に投資する生活を半年間続け、やっと英語が話せるようになりました。

これだけの努力を経験することができたことにより、もう一度同じ熱量の努力をすることに対して抵抗がなくなりました。

人間は一度出来てしまったことは必ずもう一度出来るようになっています。英語を話せるようになるという目標を達成した瞬間、それは管理人にとって達成して当たり前のレベルの努力となり、さらに上のレベルを目指すことが出来るようになったのです。

英語が話せるようになる努力の過程で気づく大切なこと

英語を話せるようになるということは、ただ単に話せる言語の種類が一つ増えただけでのことです。テクノロジーの力をもってすれば一瞬で追い越されるような些細なことかもしれません。

ですが、その努力の過程を経験することにより、自分のレベルをさらにもう一段上のステージに乗せることができます。

「自分にはできない」「無理だ」と思っていたことを当たり前に変えていく。これは自分で自分の人生を切り開いていく力です。英語が話せるようになるということは、また一つ、自分の人生を切り開いていくための力が付いたということです。

英会話を学ぶということを、単純に言語を学ぶという意味だけでとらえてはもったいないです。努力ができた自分、もう一つ上のレベルに達することができた自分に出会うことができる。そう考えてみませんか。

見方を変えると英会話を学ぶ意味はまだまだあると思います。

>>オススメの英会話教材ランキングはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です