英語を話せるようになる方法って色々ありますけど、具体的にはどういう方法なのでしょうか。

私たちは普段から色々なことを複雑に考えすぎてしまう癖がついていて、英語が話せるようになる方法って聞くと、

「一体どんな高度で複雑なノウハウがあるのだろう?」

とか

「何か特別なノウハウを覚えなくてはいけないのだろうか?」

と”構えて”しまいがちです。

ですが、英語を話せるようになるということは、実際はそこまで複雑ではありません。

むしろ、ものすごくシンプルで簡単なのです。

 

誰でも簡単に英語が話せるようになる方法

語を話せるようになるために必要なことはとてもシンプルで簡単です。

  1. 英語をインプット(頭の中に入れる)する
  2. 覚えた英語をアウトプット(実際に話す)する

この2つのことを何度も実践すること。

たったこれだけで、自然に英語が話せるようになります。

全く複雑なことはありません。

 

インプット→アウトプットの具体例

例えば、「make up for~」という表現を覚えたとします。

この時点では、英語をただ単にインプットした状態です。

言葉の意味をイメージしながら実際に声に出してみたり、ネイティブとの会話の中で「make up for~」を使った文章を使ってみる(アウトプットする)ことで、「make up for ~」表現を自分の言葉として頭の中に定着をさせます。

一旦頭の中にその言葉の音と意味が定着すると、次からその言葉を自分のボキャブラリーとして実際の会話の中で使うことが出来ます。

これが英語が話せるようになるプロセスです。

インプット→アウトプットの作業の数を増やすことにより、頭の中のボキャブラリーの数を増やし、自分の英会話の幅を広げていくのです。

 

日本人が英語を話せない理由

日本人は英語のテストの点数は比較的高いのに、なぜ英語が話せないのか?

その理由は、上記の「アウトプット」の機会が圧倒的に少ないからです。

例えて言うのであれば、車の運転の方法はたくさん勉強しているので知識として知っているけれど、肝心の車の運転の経験に関しては全然持ち合わせていない、という状況。

まさに日本人の英会話がコレですよね。

 

日本人は、英語の知識(インプット)は十分に持っています。

中学校・高校で学ぶ英語の知識であれば、簡単な英会話であれば全く問題がないレベルのボキャブラリーはすでに持っていると言っていいです。

でも、肝心の英語を話す(アウトプット)という経験が全然ありません。

なので、いざ英語を話そうとしても、

「えーっと、あの。。。」

なんてパニックになってしまう。

英会話の知識はあるけど、実際に話をしてみるとペーパードライバー。

これが日本人が英語が話せない理由です。

 

「話す」ことができる英会話教材を選ぼう

英語が話せるようになるためには、アウトプットの機会を作るということが大切です。

つまり、英語が話せるようになりたいのであれば、英会話教材を選ぶときは、「聞くだけ」で終わるのではなく、きちんと「話す」トレーニングが用意されている教材を選ぶことが大切であるということです。

具体的には、CDもしくは音声の教材が付いていて、英文をリピートするようなプログラムが付いている教材を選ぶようにしてください。

ネイティブの会話形式の教材であれば、文脈をアウトプットしながら単語やボキャブラリーをイメージで理解する訓練にもなりますので、なお好ましいです。

英語を声に出すという効果は思っている以上に大きく、それ無しでの英会話の上達は絶対にあり得ません。

英会話教材ではインプット、アウトプットの両方を鍛えるようにする。

これを忘れないようにしましょう。

 

聞き流すだけで本当に上達するのか?

英会話教材の中には、

「聞き流すだけで驚くほど英会話が上達する!!」

という趣旨の謳い文句の英会話教材がありますが、管理人はこのような考えには真っ向から反対の立場を取らさせて頂きます。

先ほども書いた通り、車の運転の練習無しで車の運転が上手くならないのと同じように、英語を声に出す(アウトプット)というプロセスを省いて英会話が上達することは絶対にありません。

 

聞き流すことに意味はない

そもそもですが、「聞き流す」というのは、ほぼ「聞いていない」のと同じことです。

例えば、スーパーマーケットで流れているBGM。

家に帰ってから思い出すことができますか?

おそらく、ほとんどの方が思い出すことが出来ないと思います。

思い出すことが出来ないことは話せません。

実際の英会話の場面で役に立つことはないでしょう。

 

もしかすると、

「いや、私は思い出すことができた!」

と思う方もいるかもしれません。

ですが、もし本当に思い出せたとしたら、あなたはそのBGMをその瞬間、しっかりと集中して聴いていたはずです。

決して「聞き流して」いたわけではないと思います。

 

「聞き流すだけ」と聞くと、なんだか魔法のような英会話教材に聞こえ、

「これなら私にもできそう!」

だと思ってしまい、ついつい手が出そうになります。

ですが、そういう時ほど冷静になって物事を考えなければいけません。

「聞き流す」というのは、あくまでも「聞き流す」ということ。

それこそスーパーのBGMみたいなものなのです。

記憶に残っていない言葉は話せませんし、ある日突然話せるようにもなりません。

本当に英会話を上達させたいのであれば、最低でも「集中して聞く」ということが大前提。

楽して英語がペラペラになるなんてことは絶対にありえないということは覚えておいて下さい。

 

まとめ

「聞き流すだけ」のような派手な謳い文句の英会話教材は魅力的に見えますが、本当に「聞き流す」だけで得られる効果には疑問があります。

少なくとも管理人個人の経験には合致しません。

むしろ、英語を話せるようになるためには「話す」ことが大切であるというスタンスです。

世の中には様々な英会話教材がありますが、選ぶ際には必ず「話す」トレーニングが付いている英会話教材を選ぶようにしましょう。

アウトプットとインプット、バランスよくカバーされている英会話教材を手に入れることが英会話上達への一歩だと思います。