覚えておきたい良い英会話教材を選びのポイント

良い英会話教材とは一体何でしょうか?
ウン十万円ものお金を投資して様々な英会話教材を試しているうちに、サイト管理人が気付いた良い英会話教材を選ぶポイントは以下の通りです。

 

英会話教材選びのポイント
  • 飽きずに勉強を続けることができる設計になっている英会話教材を選ぶ
  • 本当にネイティブが使っている英語が学べる英会話教材を選ぶ
  • 聴くだけではなく、話すトレーニングもできる英会話教材を選ぶ
  • 返金保証など、サポートがしっかりしている英会話教材を選ぶ

 

管理人が実際に使っていて

「あ!この教材は素晴らしいな!」

そう思った教材は例外なく上記の4つのポイントを満たしていました。

それぞれのポイントについて詳しく解説をしていきます。

 

飽きずに勉強を続けることが出来る英会話教材を選ぼう!

英会話のマスターを妨げる最大の敵は「飽き」。

面白くない、効果があるのかわからない。

そんな英会話教材は勉強が続きません。

 

飽きがこない設計と言うのは、

  • 会話形式になっている
  • 実践的である
  • ボリュームが適切である

という条件を満たしている英会話教材ということです。

 

会話形式の教材だから飽きがこない

会話形式になっていると、楽しく文脈からフレーズを理解することが出来ます。

学校の授業で経験したように、フレーズや単語はそれ単品で覚えようとしても退屈で仕方ありませんし、どのような状況で使えばいいのか不明確です。

文脈から理解することで記憶への定着が強くなり、より効果的に英会話をマスターすることが出来ます。

 

例えばですが、こういうボキャブラリーのみが記載されている穴埋め式の勉強方法だと、もはや試験勉強と言ってもいいくらいです(※自分でノートに適当に書いてみました)

これだと英語の勉強が全然面白くありませんし、勉強したことが頭の中にも残りません。。。

 

実践的な教材だから飽きがこない

実践的な英会話教材は即効性があります。

具体的には、ネイティブとの挨拶、カフェでの注文、ショッピングでの店員との会話など、「本当に使う必要がある英会話」が学べる英会話教材を選ぶべきです。

「海外でミーティング時に必要な挨拶の仕方」なんて学んでも、使う機会はいつになるのでしょうか。

そう思いませんか?

「This is a pen.」なんて英語、今まで一度たりともネイティブと会話したことありません。

 

ボリュームが適切な教材だから飽きがこない

せっかく英会話教材を買うのであれば、ボリュームたっぷりの英会話教材を選びたくなるものです。

でも、ちょっと待ってください。

果たしてそれだけの量の勉強をこなすことができますか?

英会話教材のボリュームが多い=優れた英会話教材ではありません。

あまりにもボリュームがある英会話教材だと途中で勉強を諦めてしまう可能性があります。

無理をしてあれもこれもと欲張るのではなく、自分に合った適切なボリュームの英会話教材を選びましょう。

 

本当にネイティブが使っている英語が学べる英会話教材を選ぼう!

本当にネイティブが使っている英語を学べる英会話教材を選びましょう。

せっかく英語を勉強したけど、実際にネイティブと話をしてみたら、

「もうそんな古い表現、誰も使ってないよ。」

と言われた。

そんな経験をしないためにも、ネイティブが監修している英会話教材を選ぶようにしましょう。

 

聞くだけではなく、話すトレーニングもできる英会話教材を選ぼう!

英会話は聞くだけでは上達しません。

聞いた英語を口から話してこそ上達するのです。

「聞くだけ」の英会話教材ではなく、「聞く」「話す」両方のトレーニングが用意されている英会話教材を選ぶようにしましょう。

ディクテーションを推奨している英会話教材がオススメです。

 

返金保証などのサポートがしっかりしている英会話教材を選ぼう

英会話教材を購入したのはいいけど、なんとなく自分には合わなかった、全く英語が上達しなかった、ぶっちゃけ返品をしたい。

そんな時でも返金保証などのサポートをしてくれる英会話教材を選びましょう。

「購入後◯◯日以内」という制限はありますが、実際に使用した後でも購入金額を返金してくれます。

ただし、最初から返金目当てに手あたり次第英会話教材を試すということはやめておきましょう。

モラル的にどうかと思いますし、本当にお気に入りの英会話教材であればずっと手元に置くべきです。

 

まとめ

以上、良い英会話教材選びのポイントについて解説をさせて頂きました。

これから英会話教材を購入する予定がある方は、本サイトのレビューや、それぞれの英会話教材の公式サイトでしっかりと情報収集しておきましょうね!